癒しのうさぎ、陸前高田「モビリア」

モビリアで飼われているうさぎ
2012-10-23

岩手県陸前高田市にあるオートキャンプ場「モビリア」では、東日本大震災後より避難所として利用されています。仮設住宅として長屋と戸建があり、300名以上の方が生活をしています。

仮設住宅におけるペットのトラブルについて、ニュース等で耳にすることがありますが、実態はどうなっているのでしょうか?

癒しの存在

長屋にお住いでペットを飼われている方の中には、周囲の方のことを考えて戸建に移りたいという方がいるそうですが、モリビアではペットに関する大きなトラブルはないとのこと。

ペットは人々の心を癒す存在として大切にされており、怪我をしているノラネコを何名かの住民でお金を出し合い、病院で手当てをしてもらったということもあったそうです。

またモビリアには、今年8月に1匹のうさぎがやって来ました。埼玉県のボランティアの方から譲渡されたうさぎで、名前は「アップリケ」。足の周りをピョンピョン飛び回ったりと、人にも懐いてとても可愛がられています。

うさぎのアップリケはモビリア集会場で飼われており、子供から大人まで、皆さんの“癒しのうさぎ”になっています。

モビリア仮設住宅 癒しのうさぎ「アップリケ」

今回お話を伺ったモビリアでは、ペットに関する大きなトラブルはありませんでした。他の仮設住宅でも同じだと言う事はできないでしょうが、ペットがいることで心が癒され、気持ちを前向きにしてくれるというプラスの要素は少なくないのではないでしょうか。

 
※取材協力:
NPO法人陸前たがだ八起プロジェクト
 中西朝子氏

※取材担当:Animals119プロジェクト研究員 竹中文人


映画「犬と猫と人間と」

日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。あなたは、犬と猫たちのことをほんとうに知ってますか?

動物愛護ポスター

里親募集団体

動物愛護ポスター

No!里親詐欺
社団法人中央政策研究所
Paw Prints!
動物収容データ検索サイト
Copyright© 2012 アニマルズ119 All Rights Reserved.